映画  公式サイト情報    

キャプチャ.PNG

各作品画像を    すると公式サイトの
 予告編やTRAILER の動画が見れます

​ベイビー・ブローカー

6月24日(金)公開予定
ⓒ 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL 
配給/ギャガ

ベイビー・ブローカー.

作品画像を    すると公式サイトの     

キャプチャ.PNG

​予告編やTRAILER の動画が見れます

是枝裕和監督の最新作にして、初韓国映画となる『ベイビー・ブローカー』が、現地時間5/17日(火)~28日(土)開催予定の第75回カンヌ国際映画祭の【コンペティション部門】に見事選出され、正式出品が決定致しました。本作は “赤ちゃんポスト”に預けられた赤ん坊を巡り出会っていく人々が描かれる、ヒューマンドラマです。

是枝監督作品がカンヌ国際映画祭で【コンペティション部門】に選出されるのは、最高賞のパルムドールを受賞した2018年の『万引き家族』から4年ぶり、6回目となります(カンヌ国際映画祭への出品自体は、8回目)。これまで、2004年『誰も知らない』では主演を務めた柳楽優弥が《最優秀男優賞》を受賞、2013年『そして父になる』では《審査員賞》を受賞2018年『万引き家族』では《パルムドール》を受賞しています。さらに、是枝監督は2019年ヴェネチア国際映画祭【コンペティション部門】でオープニングを飾った『真実』で海外の才能たちとの本格的なセッションに踏み出していますが、本作はそれに続き、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した初の韓国映画となります。また、主演を務めるのは、2020年アカデミー賞🄬作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』でも主演を務めたソン・ガンホです。パルムドール受賞『万引き家族』の是枝裕和監督×アカデミー賞🄬受賞『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホ主演で贈る『ベイビー・ブローカー』が世界にいち早く披露されるこの機会に、是非ご注目ください!。

 

​わたしは最悪。

7月1日(金)公開予定

©© 2021 OSLO PICTURES -

MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST -  SNOWGLOBE - 

B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA 

​配給/ギャガ

キャプチャ.JPG

作品画像を    すると公式サイトの     

キャプチャ.PNG

​予告編やTRAILER の動画が見れます

30歳になっても人生がうまくいっていないジュリー。学生時代はそこそこ頭がよく、それ活かそうと薬学科に入るも、外科手術に興味持てず、今度は身体ではなく心のが興味あると次は心理学へ、それにも飽き、次は写真を学び、と気移りが激しい。同様に恋人もころころかえていく。

デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督の甥にあたる、『テルマ』(2017)などのヨアキム・トリアーが監督と脚本を手掛けたコメディー。ノルウェーの人気女優レナーテ・レインスヴェがヒロインを演じ、『パーソナル・ショッパー』(2016)などのアンデルシュ・ダニエルセン・リーらが共演する。

​キャメラを止めるな!

7月15日(金)公開予定

© 2021 - GETAWAY FILMS - LA CLASSE AMERICAINE - SK GLOBAL ENTERTAINMENT - FRANCE 2 CINÉMA - GAGA CORPORATION

配給/ギャガ

キャメラを.jpg

作品画像を    すると公式サイトの     

キャプチャ.PNG

​予告編やTRAILER の動画が見れます

あの日本大ヒット映画「カメラを止めるな!」をアカデミー賞🄬監督がまさかのリメイク!

『カメラを止めるな!』は上田慎一郎監督の劇場長編デビュー作として、2018年に都内2館公開から始まり、低予算制作映画ながら、斬新で衝撃的な内容が映画ファンから高い評価を得て、口込みがさらなる話題を呼び、公開劇場が続々拡大して最終興収32億円と規格外の大ヒットを記録。その人気は世界でも注目されて“ONE CUT OF THE DEAD”という英題名で各国で公開されました。中でもフランスでは、フランス最大の日本映画祭「KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭」でオープニング作品として上映され大ウケ。観客投票で決定される最高賞“ソレイユ・ドール”を受賞し、2019年3月からは劇場公開もされた。

今回、フランスで監督を務めるミシェル・アザナヴィシウスは、監督・脚本・編集を手掛けた白黒のサイレント作品『アーティスト』で2012年の第84回アカデミー賞🄬作品賞、監督賞を始めとする5部門を獲得し、その名を世界中に知らしめたフランス映画界を代表する監督。今回のリメイク版出演者には、『真夜中のピアニスト』や『ムード・インディゴ うたかたの日々』などで知られる人気俳優ロマン・デュリスや、『アーティスト』でセザール賞主演女優賞受賞、アカデミー賞🄬助演女優賞にノミネート、アスガー・ファルハディ監督作『ある過去の行方』ではカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したベレニス・ベジョをはじめ、グレゴリー・ガドゥボワ、フィネガン・オールドフィールド、マチルダ・ルッツらが名を連ねており、フランス映画界を代表する監督・俳優陣によって、あの『カメ止め!』がどうリメイクされたのか、期待が高まっている。

​海上48hours
​―悪夢のバカンス―

7月22日(金)公開予定
©VITALITY JETSKI LIMITED2021
配給/ギャガ

海上48hours ポスター(最終).jpg

作品画像を    すると公式サイトの     

キャプチャ.PNG

​予告編やTRAILER の動画が見れます

恐怖は、海上へ―『海底47m』製作陣による、絶体絶望サバイバルスリラー!

避難所には故障中の水上バイク1台だけ

これだけ広いのに、どこへも逃げられない!。

アメリカの大学生が最も羽目を外す春休みの“スプリングブレイク”。メキシコのビーチでテキーラを浴びて馬鹿騒ぎをする男女5人組は桟橋に停められていた2台の水上バイクを盗み出し、沖へ出る。やがて、チキンレースに発展し、正面衝突してしまう。1台は大破し、もう1台はエンジントラブルで身動きが取れない。しかも、仲間のひとりが足に大けがを負ってしまい、助けを呼ぼうにも携帯の電波は届かない中、浮気騒動までも発覚。そして、壊れたバイクで大海原を漂うパニック状態の彼らをさらなる危機が襲う。なんとそこは、凶暴なホホジロザメの巣窟だったのだ―。盗んだ水上バイクで走り出しただけなのに…

青春のいたずらが死の恐怖を招く!

『海底47m』の製作陣が新たな海の恐怖を突き付ける、絶体絶望サバイバルスリラー!

Webニユース BAN'  

SINCE 1989.08.01.~

企画 制作 著作 運営

株式会社 BAN'  名古屋支社

地域とともに、地域のためにを目指した

朝日新聞サービスアンカー 地域情報サイト

Webニユース BAN' 

国内・国外から  PC やスマホ 等で

無料検索できる​メディア.サイトです

   © BAN' Corporation. All Rights Reserved. 

サイト内の全てを無断で転用.転載を禁じます